顧客管理インバウンドマーケティング

DRM

顧客管理プランでは上記の流れのようにゴールの「販売」までいくようにサポートいたします

マーケティング手法で「アウトバウンド」「インバウンド」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?

「アウトバウンドマーケティング」とは、不特定多数の人を相手に、情報を一方的に発信していくマーケティング手法のことです。
例えば電話営業、訪問販売、大量のメールマガジン、ダイレクトメールやチラシなど。

「インバウンドマーケティング」とは、有益な情報を提供しているページをインターネット検索を通して自然と見つけ出してもらい商品やサービスの購入に繋げていくという、ユーザー主導型のマーケティング手法のことです。また、ユーザーの信頼を獲得できれば、ユーザーは顧客となるだけでなく、ソーシャルメディア(twitterやfacebook)などでプロモーションをしてくれます。この一連の流れが、インバウンドマーケティングです。

「押し付ける」から「見つけてもらう」へ

インバウンドマーケティングでは、セールス=「一方的に商品を売り込む」という事はしません。

WEBサイトやソーシャルメディアを通じて役立つコンテンツを提供し、そこに辿り着いた人たちに「見つけてもらう」事を目標とします。

情報を必要としている人たちに「見つけてもらう」ためには、求められる情報は何なのかを見極め、それを解りやすいやすい形で提供することが求められます。

特化すべきはコンテンツ!コンテンツで惹きつける

Content is KING

上質で信頼できるコンテンツの提供は、消費行動を喚起するための重要な動機付けになります。
ユーザーの求める適切な情報を、常に最新の形で提供し続けること。
見込み顧客との信頼関係を構築する上で、それは必要不可欠なことです。

※リスティング広告やPPC広告なども有効な手段ですが、当方ではそちらはサポートしておりません。

基本的には自社ホームページ(or ブログ)にアクセスを集める為に各ツール・媒体を使います。
twitterであればフォロワー数、facebookページであればいいね!の数、@LINEであれば友達の数を
増やすためには良質なコンテンツを作る必要があります。
主にホームページ(or ブログ)で記事を作っていきます。そこにアクセスを集めるために各ツールで宣
伝していきます。必要に応じて特設ページ(ランディングページ)も作ります。

そのコンテンツをどうやって作っていくかが肝ですよね。
それは打ち合わせをしながらクライアント様の強み、業種の特性・専門性などを活かしながら考えて
いきます。そしてキーワードを選定して新規ページを制作していきます。
下記のケーススタディをご参考ください。

飲食店
心理

「食べること」というのは人間の3大欲求の1つなので、誰しも美味しいものが食べたいですよね。
飲食店は数が非常に多いです。競合との差別化を図るにはかなり美味しかったり、空間が非常に素敵だったり、プラスアルファのサービスがないと難しいと思います。立地条件やその時の流行もあると思います。
これはどんな業種でもいえますが、お客様の想像を超えればtwitterやfacebookで口コミが広がる可能性が高いです。
その為にどういったサービス(コンテンツ)を作るか、悩みますよね。クライアント様の事例で1つ良い例があります。
①ランチ限定でマグロのおかわりし放題サービスを始める
②口コミをしやすいようにインパクトのある写真を撮る!
③twitterやfacebookで投稿。プレスリリースで色々な媒体にもお知らせする。
④twitterでのリツイートが1万近くされる
⑤翌日からランチが行列になる
⑥テレビにもたくさん取材される
【考察】バイラル(口コミ)が生まれたのいくつかポイントがあったのだと思います。
1、まぐろの盛り放題というサービスがユーザーの想像を超えていた。
2、価格も安くそんなにサービスしたらお店側は赤字なのは必至。だからお得なのは誰でも分かる。
3、まぐろが好きな人が多い(ニーズが多い)
4、写真にインパクトがあった。まぐろの盛り方を過剰にした。
5、ホームページを中心とした情報発信が出来ていたので、バイラルが促進した。

これは過剰な例ですが、1つのヒントにはなると思います。しかし、飲食店は競合が特に多いので積極的なサービスの提供が必要だと思います。
安売り競争はあまりよくないと思います。しかし、強みやコンセプトを明確にして、「ニーズに対してどういう形でコンテンツにしていくか」、そして「どういうキーワードで推していくか」がキーになるのではないでしょうか。

エステ・マッサージ
心理

エステやマッサージというのは必ずやらないといけないものではないですよね。しかし、人は見た目を気にする生き物です。
あまり気にしない人もいますが、気にする人はそこに多額のお金を使います。
1つの要因として自己実現の欲求というものがあると思います。マズローの欲求5段解説をご存知でしょうか?
1、生理的欲求 2、安全・安定の欲求 3、社会的欲求 4、尊厳欲求 5、自己実現の欲求

マズロー
①の生理的欲求は生きていく為の基本的・本能的な欲求のことです。「食べる」「寝る」など生きていくことに欠かせない事ですね。
②の安全・安定の欲求は健康や住まい、経済的な安定などの事。①の欲求を継続させる事ですね。
③の社会的欲求は「仲間がほしい」「集団に所属したい」といった欲求。「孤独感」や「社会的不安」を避けようとします。
④の尊厳欲求は集団に所属した時に、その集団の中から「価値ある存在」と認められたい、といった欲求です。
そして⑤最後の自己実現の欲求は、これまでが他者との関係性に対しての欲求だったのですが、「自分自身」に対しての欲求となります。自分の持つ能力を最大限に発揮し、「あるべき自分」になりたいといった欲求になります。

【考察】特にエステは自己実現の欲求が高いのだと思います。自分の美しさを最大限に引き上げ自分の魅力を発揮したい。
そこに対して「褒められたい」「モテたい」などの欲求もあるのだと思いますが、実は自分自身の満足感ではないでしょうか?

自己実現の欲求には「無償性」という特質もあります。それが実現したからといって他者の評価をもらいたい訳ではない。
もちろん、色々な人に高評価をもらうことは嬉しいことなのですが、それは「後からついてくるもの」くらいに思っているのではないでしょうか?
お店によってコンセプトやターゲット層が違うと思いますので、まずはそこをヒアリングしながら、その「ターゲット層に対してお店のウリとなる部分をどうコンテンツにしていくか」、「どういうキーワードにするか」を考えていきます。

DRM

ダイレクトレスポンスマーケティングをご存知でしょうか?
簡単に言うと情報の受け手に「資料を請求する」「無料メルマガに登録する」といったアクションを起こさせることです。
「顧客管理プラン」ではこれを念頭に考えコンテンツを作っていきます。

アクションを起こさせるにはどうしたらよいか?

それは言葉です!

同じことを言うにしてもどういう文句で相手に伝えるかによって受け手の行動(アクション)が変わってきます。

例えば、ガソリンスタンドで店員さんに「オイルの点検をしましょうか?」と言われるのと、「オイルのレベルが危険かどうか調べましょ
うか?」と言われるのとで、どちらがボンネットを開ける確率が高いでしょうか?

例えば、「そろそろガン検診を受けましょうか?」と言うのと、「40歳を超えてからのガンになる確率が20代と30代と比べると倍以上です。ですので念のためにガン検診を受けてみてはいかがでしょうか?」と言うのとどちらがガン検診を受ける人が多いと思いますか?

どちらも後者の方が確立は高いでしょう。

相手にアクションを起こさせる為にどういう言葉で伝えるか。綿密に言葉を選んで、考えていく必要があります。

どういうタイトルをつければ最後まで読んでくれるか、どういうアクションを求めれば相手はアクションをしてくれるか。

これらは信頼関係を築いていければ、より高レベルなアクションを相手がしてくれることでしょう。

イコール、「売上が上がる」ことにつながることでしょう。

参考資料

◆スマートフォン対応とは?レスポンシブWebデザインが良い訳:
http://www.hy-creative.com/blog/smartphone-responsive
◆【SEO】アクセスを集めるには品質の高いコンテンツ:
http://www.hy-creative.com/blog/howto-access

流れ

顧客管理プラン

DRM
顧客管理プランでは上記の流れのようにゴールの「販売」までいくようにサポートいたします

マーケティング手法で「アウトバウンド」「インバウンド」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?

「アウトバウンドマーケティング」とは、不特定多数の人を相手に、情報を一方的に発信していくマーケティング手法のことです。
例えば電話営業、訪問販売、大量のメールマガジン、ダイレクトメールやチラシなど。

「インバウンドマーケティング」とは、有益な情報を提供しているページをインターネット検索を通して自然と見つけ出してもらい商品やサービスの購入に繋げていくという、ユーザー主導型のマーケティング手法のことです。また、ユーザーの信頼を獲得できれば、ユーザーは顧客となるだけでなく、ソーシャルメディアなどでプロモーションをしてくれます。この一連の流れが、インバウンドマーケティングです。

「押し付ける」から「見つけてもらう」へ

インバウンドマーケティングでは、「一方的に商品を売り込む」という事はしません。
WEBサイトやソーシャルメディアを通じて役立つコンテンツを提供し、そこに辿り着いた人たちに「見つけてもらう」事を目標とします。
情報を必要としている人たちに「見つけてもらう」ためには、求められる情報は何なのかを見極め、それを解りやすいやすい形で提供することが求められます。

Content is KING
特化すべきはコンテンツ!コンテンツで惹きつける

上質で信頼できるコンテンツの提供は、消費行動を喚起するための重要な動機付けになります。
ユーザーの求める適切な情報を、常に最新の形で提供し続けること。
見込み顧客との信頼関係を構築する上で、それは必要不可欠なことです。

※リスティング広告やPPC広告なども有効な手段ですが、当方ではそちらはサポートしておりません。


基本的には自社ホームページ(or ブログ)にアクセスを集める為に各ツール・媒体を使います。
twitterであればフォロワー数、facebookページであればいいね!の数、@LINEであれば友達の数を
増やすためには良質なコンテンツを作る必要があります。
主にホームページ(or ブログ)で記事を作っていきます。そこにアクセスを集めるために各ツールで宣
伝していきます。必要に応じて特設ページ(ランディングページ)も作ります。

そのコンテンツをどうやって作っていくかが肝ですよね。
それは打ち合わせをしながらクライアント様の強み、業種の特性・専門性などを活かしながら考えて
いきます。
下記のケーススタディをご参考ください。

飲食店

ユーザー心理

・美味しいものを食べたい
・素敵な空間で食事したい
・いつもよりリッチな気分になりたい
・記念日や誕生日など特別な日に良い店に行きたい
・イケてる店員とお話ししたい etc…

「食べること」というのは人間の3大欲求の1つなので、誰しも美味しいものが食べたいですよね。
飲食店は数が非常に多いです。競合との差別化を図るにはかなり美味しかったり、空間が非常に素敵だったり、プラスアルファのサービスがないと難しいと思います。立地条件やその時の流行もあると思います。
これはどんな業種でもいえますが、お客様の想像を超えればtwitterやfacebookで口コミが広がる可能性が高いです。
その為にどういったサービス(コンテンツ)を作るか、悩みますよね。クライアント様の事例で1つ良い例があります。

例
①ランチ限定でマグロのおかわりし放題サービスを始める
②口コミをしやすいようにインパクトのある写真を撮る!
③twitterやfacebookで投稿。プレスリリースで色々な媒体にもお知らせする。
④twitterでのリツイートが1万近くされる
⑤翌日からランチが行列になる
⑥テレビにもたくさん取材される
例

【考察】バイラル(口コミ)が生まれたのいくつかポイントがあったのだと思います。
1、まぐろの盛り放題というサービスがユーザーの想像を超えていた。
2、価格も安くそんなにサービスしたらお店側は赤字なのは必至。だからお得なのは誰でも分かる。
3、まぐろが好きな人が多い(ニーズが多い)
4、写真にインパクトがあった。まぐろの盛り方を過剰にした。
5、ホームページを中心とした情報発信が出来ていたので、バイラルが促進した。

これは過剰な例ですが、1つのヒントにはなると思います。しかし、飲食店は競合が特に多いので積極的なサービスの提供が必要だと思います。
安売り競争はあまりよくないと思います。しかし、強みやコンセプトを明確にして、「ニーズに対してどういう形でコンテンツにしていくか」、そして「どういうキーワードで推していくか」がキーになるのではないでしょうか。

エステ・マッサージ

ユーザー心理

・綺麗な身体になりたい
・若い頃の体形や肌に少しでも戻したい
・異性にモテたい
・リラックスしたい
・気分転換したい
・自分にご褒美をあげたい etc…

エステやマッサージというのは必ずやらないといけないものではないですよね。しかし、人は見た目を気にする生き物です。
あまり気にしない人もいますが、気にする人はそこに多額のお金を使います。
1つの要因として自己実現の欲求というものがあると思います。マズローの欲求5段解説をご存知でしょうか?
1、生理的欲求 2、安全・安定の欲求 3、社会的欲求 4、尊厳欲求 5、自己実現の欲求

マズロー
①の生理的欲求は生きていく為の基本的・本能的な欲求のことです。「食べる」「寝る」など生きていくことに欠かせない事ですね。
②の安全・安定の欲求は健康や住まい、経済的な安定などの事。①の欲求を継続させる事ですね。
③の社会的欲求は「仲間がほしい」「集団に所属したい」といった欲求。「孤独感」や「社会的不安」を避けようとします。
④の尊厳欲求は集団に所属した時に、その集団の中から「価値ある存在」と認められたい、といった欲求です。
そして⑤最後の自己実現の欲求は、これまでが他者との関係性に対しての欲求だったのですが、「自分自身」に対しての欲求となります。自分の持つ能力を最大限に発揮し、「あるべき自分」になりたいといった欲求になります。

【考察】特にエステは自己実現の欲求が高いのだと思います。自分の美しさを最大限に引き上げ自分の魅力を発揮したい。
そこに対して「褒められたい」「モテたい」などの欲求もあるのだと思いますが、実は自分自身の満足感ではないでしょうか?

自己実現の欲求には「無償性」という特質もあります。それが実現したからといって他者の評価をもらいたい訳ではない。
もちろん、色々な人に高評価をもらうことは嬉しいことなのですが、それは「後からついてくるもの」くらいに思っているのではないでしょうか?
お店によってコンセプトやターゲット層が違うと思いますので、まずはそこをヒアリングしながら、その「ターゲット層に対してお店のウリとなる部分をどうコンテンツにしていくか」、「どういうキーワードにするか」を考えていきます。

DRM
ダイレクトレスポンスマーケティングをご存知でしょうか?
簡単に言うと情報の受け手に「資料を請求する」「無料メルマガに登録する」といったアクションを起こさせることです。
「顧客管理プラン」ではこれを念頭に考えコンテンツを作っていきます。

アクションを起こさせるにはどうしたらよいか?

それは言葉です!

同じことを言うにしてもどういう文句で相手に伝えるかによって受け手の行動(アクション)が変わってきます。

例えば、ガソリンスタンドで店員さんに「オイルの点検をしましょうか?」と言われるのと、「オイルのレベルが危険かどうか調べましょ
うか?」と言われるのとで、どちらがボンネットを開ける確率が高いでしょうか?

例えば、「そろそろガン検診を受けましょうか?」と言うのと、「40歳を超えてからのガンになる確率が20代30代と比べると倍以上です。ですので念のためにガン検診を受けてみてはいかがでしょうか?」と言うのとどちらがガン検診を受ける人が多いと思いますか?

どちらも後者の方が確立は高いでしょう。

相手にアクションを起こさせる為にどういう言葉で伝えるか。綿密に言葉を選んで、考えていく必要があります。

どういうタイトルをつければ最後まで読んでくれるか、どういうアクションを求めれば相手はアクションをしてくれるか。

これらは信頼関係を築いていければ、より高レベルなアクションを相手がしてくれることでしょう。

イコール、「売上が上がる」ことにつながることでしょう。

参考資料

◆スマートフォン対応とは?レスポンシブWebデザインが良い訳:
http://www.hy-creative.com/blog/smartphone-responsive
◆【SEO】アクセスを集めるには品質の高いコンテンツ:
http://www.hy-creative.com/blog/howto-access

流れ